要注意!たった1度のあの「くしゃみ」から、椎間板ヘルニアに!

椎間板ヘルニアになるきっかけ。

みなさんは椎間板ヘルニアになったことはあるでしょうか?最近は椎間板ヘルニアという言葉をよく聞くって人もいると思います。

ではどういったことから椎間板ヘルニアになると思いますか?

重いものを持ったり、過度な衝撃を与えたり、無理な姿勢で仕事をしたり、スポーツでひねってしまったりすることで椎間板ヘルニアになる人もいるみたいです。

いわゆるギックリ腰にも近いもので、本質は違うのですが腰に痛みを伴った痺れなどが生じる可能性もあるのです。

ぎっくり腰の場合

筋肉が疲れている状態で、なにか重いものを持ったりすると筋肉疲労で腰が痛くなります。

椎間板ヘルニア

骨と骨の間にあるクッションのようなものが磨り減って中から破損し、そこから圧迫されることで痛みが生じるというもの。つまり怖いのはどちらかというと椎間板ヘルニアのほうということになります。

【オススメ】身体の不調のことなら、仙台 整骨院の大坂整骨院グループへご相談ください!

椎間板ヘルニアにならないため注意したいこと!

これは対策をしておかないと、重度の運動神経の麻痺などに繋がることもあるので、そこは注意しておかなければなりません。

ではどうやって対策をすれば良いのでしょうか。

重いものは持たないようにして、さらに腰には負担をかけないように生活する。そうしたいところですが、現代社会で生きていたらどうしても腰に負担のかかることが多いですよね。

さらに最近はひょんなことから椎間板ヘルニアになることがあります。

それはくしゃみです。

「まさかくしゃみで椎間板ヘルニアになんてならないでしょ」と思う方もいると思いますが、くしゃみには実はスポーツで捻ってしまうくらいの衝撃が身体にかかっています。

もともと衝撃を受けるときや負担がかかるときは自然と身体がその力を分散させようとするのですが、くしゃみはその衝撃を軽減することがなかなかできません。

つまり衝撃がそのまま腰に来るということです。

今ではくしゃみをしたことによって腰からガクンと崩れ落ちたという人もいるくらいですから、くしゃみが椎間板ヘルニアの原因となる起爆剤になっているといっても過言ではありません。

【オススメ】佐世保 整体なら延べ50,000人以上の施術実績の気功サロン長崎へどうぞ。

生活の中でふとした瞬間にくしゃみをしてしまうこともあると思います。最近はハウスダストや花粉と排気ガスといったものの影響でくしゃみをしてしまう確立も高いです。

それを未然に防ぐことは生きていると難しいもので、さらにくしゃみはそういった外部の汚れを体内から出すために行われる自然の現象なので、止めようとしてもなかなか止められるものはありません。

みなさんもくしゃみをするときは、気をつけるようにすることが椎間板ヘルニアにならないための鍵かもしれません。

いつも身体に起爆剤があることをお忘れなく。

お願い

本サイトは、椎間板ヘルニアに悩む方々への情報提供およびそれらの症状で悩む方の助けになりたいと願う医療機関をつなぐサービスを主目的としております。治療に関するご相談は受け付けておりません。医師・治療家等、後遺症における専門家にご相談下さい。自己判断はせず、必ず医師や専門家の指示を仰いでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ