椎間板ヘルニアが骨盤強化で改善しよう

みなさんは同じ姿勢でいることが多くありませんか?
ほとんどの人が学校や仕事、家事などを通して、同じ姿勢でいることも少なくないでしょう。

人間の生活のなかで同じ姿勢であることがこんなにも頻繁になっているのに、日本人は病気に関する知識が少ないのが現状となっています。最近はこの同じ姿勢でいることによって椎間板ヘルニアという病気になる人も増えていて、これになってしまうと日常生活が送れないほどの腰の激痛や違和感、足腰の痺れなどになってしまうので、気をつけて生活したいですね。

しかし、実際のところ気をつけて生活していても最近はほとんどの会社でパソコンを使って仕事をすることが多いため、一日の拘束時間の中でパソコンの前に座っている時間も多いと思います。これは女性の人に多いのでとくに注意が必要です。また、男性の場合でもスポーツをしたりして腰を捻ってしまったり、力仕事をしていて長時間重い荷物を運んだりしている人も多いと思います。そういった小さな生活習慣の積み重ねが腰への負担となって乗っかってくるのです。

椎間板ヘルニアを悪化させる原因「骨盤の歪み」って?

現代人は身体の骨が脆くなってしまっている人や歪んでいる人がいて、それを支えようとして身体が歪み、最後には骨盤が歪んでしまいます。骨盤が歪んでしまうということは、もうお察しの良い方ならわかると思いますが、骨と骨がズレるので、椎間板にもダメージがいくということになるのです。

その結果ちょっとした運動や荷物を持ったり、腰を動かしたりするだけで椎間板が爆弾のように破裂して骨と骨の間から出て行き、神経を圧迫するのです。こうなってしまうと俗に言われるギックリ腰のような痛みに襲われたり、足腰に痺れを感じるようになってしまったりするのです。

つまり骨盤を矯正・強化することによって椎間板になるリスクを抑えることができると言い換えることができます。

では骨盤の矯正・強化とはどのようにすれば良いのかというと、それは整体や接骨などプロの業で矯正してもらうのが効果的です。一番の原因は身体の歪みですから、それをしてもらうことによって体のバランスが整い、腰にくる負担も分散することができるのです。

それと最近は適度な運動も効果的といわれていて、ウォーキングも骨盤や足腰を鍛える有力な手段として紹介されています。

普段の生活の中で同じ姿勢になることが多い人は背骨がじょじょに歪んでいき、それが身体の歪みになって最終的には椎間板ヘルニアを引き起こす可能性が高いので、適度に動いたり、負担のかからないような生活をしたりすることが好ましいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ